2017-11-13(Mon)

Surface Laptop の使い心地

Surface Laptop (i5 256GSSD+8GRAM)。
実は発売日にゲットなのです。
surfacelaptop01.jpg

これまで所有していたノートPCは、メモリ増設+SSD+Windows10化したサイバー老体のようなLet's Note CF-R5。 (Windows8インストール時のご様子)
ちょっとした作業ならまだ戦える。…そんな風に考えていた時が自分にもありました。

実際デスクトップ派の私は出っ張り先でガシガシ使い込む様なことはなく、ご老体とは言え未だに最新のOSが動いてしまう名機ゆえ重要な通信も安心して行えたわけですし、最近でこそ速度的にiPad+キーボードの出番が増えていたものの特にApple信者ではない私としてはWindowsノートを新調したいと考えていたわけです。

そんな矢先、家族がケガをするという緊急事態が発生。
病院との往復や病室に居る時間も増え、仕事環境を持ち出せて続きをこなせるだけのマシンが必要となり。流石にCF-R5では無理なので時同じくして日本発売となったSurfaceLaptopに飛びついたという次第。
もう少し待てたならバーガンディ(赤茶色)が欲しかったけれど、日本発売初回はプラチナ(シルバー)のみで選択肢は無し。迷いたくても迷えなかった。しかも後発の安い128G版も高いi7 512G版もプラチナ色なので、パッと見で差がなくつまらない。(迷ったのは同時発売の「新しいSurfacePro」。相当迷ったけれどやはりキーボード主体の作業なのでLaptopを選択。自分的には大正解だった。)


この3ヶ月使った感じで、薄い割には結構な剛性がありキーボード部分を持ち上げてもタワむことなく取り回しができ、机のない場所でも安定して作業できたのは大変良かった。
コードを書いたりフォトショップで簡単な編集をしてもバッテリはほぼ1日持つ。
画面を閉じても完全な休止やスリープではないようで、閉じた状態でもWindowsアップデートをやってくれるようだし(今時当たり前?)、長時間でなければスリープから一瞬で復帰→顔認証で瞬く間にデスクトップが現れるという流れは全くもってストレスフリー。笑いたくなる。

弱点はUSBポートが1つしかない事。しかしよく考えると何を挿すわけでもなく今や光学ドライブは出番がないしマウスはBluetoothで繋ぐし。などと使い所に悩んだ結果、とりあえずちっちゃいUSBメモリを挿しておくことにした。
surfacelaptop02.jpg
小さいけれどUSB3.0対応で64Gあるので普通に作業エリアとして重宝している。もちろん引っこ抜いての盗難対策に暗号化。Windows10 proは標準機能で暗号化できるので有り難い。暗号化時の速度も全然気にならなかった。

OSは買って早々にWindows10 proに無料アップグレード。MS Office も付いてきた。
当初トラックパッドが遅延する現象(再起動すると治る)が見られたが、気がつけば最近は起きていない。いつの間にかアップデートされたかな。

画面は高精細な PixelSense™ ディスプレイ。文字はとってもキレイ。
Windows Fall Creators アップデート後、ブラウザなんかの標準フォントをUDデジタル教科書体(普通のHDディスプレイでもキレイなフォントですが)にしたら相当なもんです。

ラウンチャは色々試したが幾つかあるiOSモドキ系のモノ(WinLaunchXLaunchpad など)に落ち着いた。トラックパッドや画面タッチで操作する場合に大変使い勝手が良かった。
母艦デスクトップとの同期は、バージョン管理していないファイルはMicrosoft謹製のSyncToyが中々良く。さらにWindows Fall Creators アップデート後はOneDriveで同期するケースも増え、割りと何にも考えずに持ち出せばデスクトップと同期されているという快適さが実現できるようになった。

稀に出先で作業用ファイルサーバーを開きたくなった時はSSHでドライブがマウントできるSFTP Net Driveが重宝。
デスクトップを開きたくなった時はマジックパケット+リモートデスクトップ接続だけど、これがまたモバイルルーター越しでも快適に動いてニヤけてしまった。


そんなこんなで家族は無事退院し、出番が少なくなると思われたSurface Laptopだがそんなこともなく。使いやすくカスタマイズされたそれは、仕事のお供に、ソファにリビングにと、大変重宝するサブ機として活躍しておる次第なのです。

プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link