2014-06-01(Sun)

iiyama ProLite XB2485WSU でデュアルモニタ

今まで DELL の 1680x1050(メイン)と 1280x1024(サブ)のデュアルモニタで暮らしていた。
縦幅はフルHDに30ドット満たないだけだが、改めて数字で見ると狭い。
液晶はTN、バックライトはFL、消費電力は1台45W前後。
コードを書くにも縦が狭いのは(慣れていたとはいえ)時々ストレス。
2007年3月から7年、今までよく頑張った。
もうそろそろ出世しても良かろうと、新調することにした。

チョイスする基準の優先順。
1)WUXGA:広さもさることながら、比率がいい。
2)IPS:視野角とソコソコの発色がアレば。
3)低遅延:これはWUXGAでは叶わぬ夢か。
4)省電力:今はどれ買っても省電力。
5)高応答速度:何かしらオーバードライブがついていればそれでいい。

デュアルモニタは継続したいので、そんなに高価なものは選べない。
万が一のサポートが安心そうということで日本メーカー、あとはお財布と相談できる金額。

ということで、iiyama ProLite XB2485WSU を2台に決定した。
初めてIPSを手にするが、AH-IPS採用ということで、色々メリットも有るらしい。
多分そろそろ後継機種がでるのではないだろうか、いい感じに値下がりしている。
iym1.jpg

アームはエルゴトロン LX Desk Mount LCD Arm 45-241-026 を2本。
(こちらはかなり安く買えてラッキー)
iym3.jpg

以下簡単なレビューをば。

色:
色味は旧環境(TNパネル)もまあまあ優秀だったため、それほど感動はなかった。
極めて白(または黒)方面の微妙な色が見えるようになったので満足。

視野角:
スペック値的には上下左右とも178°と標準的。
自分的には旧TN環境と比べ上下の視野範囲が広くなり(左右は同じ)、イスにのけぞって作業ができる!

輝度:
自分の通常作業(テキスト/コード書き・Web閲覧)では標準設定は明るすぎるので最低にした。最低にするとEcoモード3より暗くなる。
画像関係の作業をする時には sRGBプリセットにすれば、輝度を含め切り替わる。

反応速度:
GtoG 5ms
オーバードライブ ON で残像が解消されるのは体感できる。
オーバードライブ設定値は OFF, -2 ~ +2 までで、プリセットのゲームモードは +1 になる。
+2 まで上げると跳ね返りのほうが目立ってしまう。-1,0,+1 はあまり違いがわからない。
切り替えが面倒なのでメイン側は普段からオーバードライブON:設定値 0 にした。テキストエディタのスクロールが多少くっきりする。

遅延:
ゲームモードにしても遅延が解消されるわけではない。
プレイに支障をきたすほどではないが、シューティングなどでは遅延していることは感じられる。もはや致し方無し。
幾フレーム遅延しているのか測るすべがないが、自分は音ゲーでも満足なプレイは出来た。ま、音に合わせるから遅延はあまり関係ないか。
格闘系やハードなゲーマーは素直に低遅延なゲーム向け製品を選ぶべきなんだろう。
ああ、低遅延なWUXGAが出ないかなあ。

色ムラ:
2台とも画面右側がわずかに赤みがかっているように見える。
画面を真っ白にしないと気づきにくい程度。

消費電力:
カタログ値で 36W。Ecoモード3で更に 46% 減になるらしい。バックライトの状態が大きいのかな。
# ワット計は持っていないので測れない。
1台はオーバードライブONだが、2台とも輝度を最低にしているので、恐らく各36W以下には抑えられていると思う。
旧環境では1台 45W 食っていたので、総合的には 40W 近く削減できている?
1日13時間くらい点いているので、多少は地球と財布に優しくなった。

画面回転:
付属スタンドは右回り90°で縦画面に出来る。
左回りにしたい場合、付属スタンドもVESAマウントのネジ穴を使用しているため、一旦外して90°回転させて付け直せば可能と思える。
(ディスプレイアームに取り付けたため未検証)

ベゼル:
狭額縁を謳っているが、今日びそれほど狭い部類には入らない22mm。
旧環境が16mmだったので、きっちり並べると2台で12mm遠くなる計算。購入前の懸念事項の1つだった。
結局、座る姿勢によってアームをニョキニョキ動かすため、実際はそれほど気にならず杞憂に終わった。
それよりも、プリントされているロゴが本体色に近いグレーで立体エンブレムでもないため、作業の邪魔にならずに良い。
操作スイッチ表示は立体(浮き彫り)だが無着色のため、これも邪魔にならない。

入力信号:
メイン側はDVI-Dで接続。サブ側はD-SUBで接続。
D-SUB接続ではアナログ特有の横縞模様が薄く見えた。縞模様は縦方向にスクロールする時があり、そうなると気になる。
(素直にDisplayPortを使用すれば良いのだが、グラフィックボードのHDMIは別途大画面向けで塞がっている)
D-SUBケーブルが貧弱なのかもしれないし、自分のグラフィックボードが悪いのかもしれない。
メイン側の表示内容に干渉されているような感じも受ける。
D-SUBのリフレッシュレートを変更して縞模様を感じなく出来た。
グラフィックボードの設定からはデフォルトでは60Hzのみだが、カスタムで変更。
72Hzに上げたら少し軽減しただけ。50Hzに下げたら消えたと言って良いレベル。下げてもチラつき等体感変化なし。サブ側なのでこれでOKにする。
お試しは自己責任で。

チラつき:
一応フリッカフリー。
旧環境がFLだったが、それに近い感じ。大きな違和感はなし。
輝度を落としているのでフリッカーがOFFになっているかもしれないが感じない。プラシーボか?

発熱:
全然気にならない。「熱くない」どころか「暖かい」までも行かない感じ。
今どき普通なのかもしれないけど、自分的にはかなり感動。

その他:
A4 や A3縦(回転させて)などの資料が楽に作れる WUXGA は広くていい。
ややマニアックだけど、88や98の640x400解像度や、4:3系をフルストレッチした際に違和感なく広がる感じは 16:10ならでは。ええ、エミュレータの話です。
モニタの消費電力は下がったものの、解像度が上がってGPUが少しヒィヒィ言っている。こちらの常時温度は1~2℃上がったように思える(汗。

客観的には値段相応で満足度は普通+くらい。
自分的には旧環境と比べてしまうと飛躍的な出世で、そらもう満足しないと罰が当たります。



プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link