2017-07-10(Mon)

Rainmeter:Wallphotoshow を3つ並べてみる

デスクトップの壁紙を変えるのが好き。
なんならスライドショー設定で30分ランダム貼替えしているくらい。

でも仕事中は色々とウィンドウを開くので、実はあまり壁紙を見れる機会が少ない。
チョットしたCPUの待ち時間に、ふと手を休めて目の保養をするには“写真立て系のウィジェット”があればいいのかな…と思い立つ。

■ Wallphotoshow V.04-Ultimate

自分のHDDには壁紙用の画像ストックが沢山あるので、最初は複数のフレームを飾れるウィジェットを探していた。

http://amadis33.deviantart.com/art/Wallphotoshow-V-04-Ultimate-2013-364139636

とても気に入ったのが上のリンクにある Wallphotoshow V.04-Ultimate で、リンク先のビルボード画像を見ると3枚飾れそう…と期待したのだが…どうも1枚だけっぽい。

縮小画像もキレイだし、フレームやシャドウを全OFFにした感じが理想にピッタリだった。

ならば Wallphotoshow を3つコピーして使わせてもらおうと単純にやってみる。

で、完成した配置は以下の感じ。
wpshow01.jpg

ところが、ただ単に3つコピーしただけではそれぞれが影響し合い、2つ目以降はまともな挙動が得られなかった。
で、正しく独立して動くよう変更した箇所をメモるのが今回のネタ。

■ 1個目

普通にインストール

インストール先の \Rainmeter\Skins\Wallphotoshow フォルダ内を編集。

・WallPhotoShow.ini
ウィジェットにマウスオーバーすると表示される「Settings」。そのダイアログ内から変更できない部分を含め、自分好みで変更する。

[Rainmeter] セクション内
5行目
RightMouseUpAction=!Execute [!Refresh]
3連ウィジェットとは無関係だけど、右クリックで次画像という操作が邪魔だったのでコメントアウト。

[Variables] セクション内
PicW=266
ratio=0.72
Aspect=2
どうやら幅とレートとアスペクトでサイズが決まるようす。
ちなみにウィジェット左側にマウスオーバーすると現れる - + でサイズを変更すると PicW が 20 ずつ増減する仕組みだった。
つまり、縦横比はレートとアスペクトで決まる。


■ 2個目

\Rainmeter\Skins\Wallphotoshow フォルダを、
\Rainmeter\Skins\Wallphotoshow_ として複製。

これで2つのウィジェットを表示できるが、先に書いたように、このままでは各種設定が元の Wallphotoshow を参照してしまったり、2つ目のSettingダイアログを操作すると元の Wallphotoshow が変更されてしまったりと美味くない。

複製した Wallphotoshow_ フォルダ内を編集する。

・WallPhotoShow.ini
[Variables] セクション内
PicW=266
ratio=2
Aspect=2

[Slideshow] セクション内
LeftMouseUpAction=[!ActivateConfig "WallPhotoShow_\Slideshow" "Slide.ini"][PLAY #@#Sounds\2.wav]

[Settings] セクション内
LeftMouseUpAction=!Execute [!ToggleConfig "WallPhotoShow_\Options" "Options.ini"]


・Op内tions\Gallery2.ini
・Options\Options.ini
・Options\Options 2.ini
・Options\Options 3.ini

この4つのファイルに記述されているパス部分の WallphotoshowWallphotoshow_ に置換する。

※ ファイル内に記述されている WallPhotoShow.ini まで置換しないよう注意。

基本的にはテキストエディタで次の2パターンを置換すれば良さそう。

"Wallphotoshow""Wallphotoshow_"

Wallphotoshow\Wallphotoshow_\


■ 3個目

\Rainmeter\Skins\Wallphotoshow_ (2個目の)フォルダを、
\Rainmeter\Skins\Wallphotoshow__ のようにアンダースコアを2個にして複製し、フォルダ内を編集。

・WallPhotoShow.ini
[Variables] セクション内
PicW=266
ratio=1.25
Aspect=2

[Slideshow] セクション内
LeftMouseUpAction=[!ActivateConfig "WallPhotoShow__\Slideshow" "Slide.ini"][PLAY #@#Sounds\2.wav]

[Settings] セクション内
LeftMouseUpAction=!Execute [!ToggleConfig "WallPhotoShow__\Options" "Options.ini"]


・Options\Gallery2.ini
・Options\Options.ini
・Options\Options 2.ini
・Options\Options 3.ini

またこの4ファイル。

既に Wallphotoshow_ に置換済みでフォルダごと複製してあるため簡単。
テキストエディタで以下を置換。

Wallphotoshow_Wallphotoshow__


■ 完成

以上で3つの独立した Wallphotoshow が設置できた。

下の画像は LIM!T の date と clock を重ねてみた。
偶然の生み出すスライドショーの組み合わせが結構素敵にハマったり。
wpshow02.jpg


■ おまけ

CPU負荷を減らすために割り込みを直接指定することにした。
一度に画像が更新されると負荷が掛かりそうだし見た目も面白くないので、少しずつタイムラグが出るようにしてバラバラに画像が変わるようにした。

1個目
[Rainmeter]
Update=180000
[Variables]
Update2=1

2個目
[Rainmeter]
Update=193000
[Variables]
Update2=1

3個目
[Rainmeter]
Update=207000
[Variables]
Update2=1


但し、Settingsダイアログ内のTime選択部を操作すると上書きされてしまうだろうから注意。


■ おまけ2

表示する画像の参照フォルダはSettingsダイアログで変更できるが、3つともなると結構面倒くさい。
コピペのほうが楽な場合は下の各ファイルを編集すると吉。
・@Resources\settings.inc
Imagenpath=
Imagen1=

Imagen8=


プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link