2016-02-25(Thu)

Logicool G810 キーボードに変えてみた

愛用していた MicroSoft ナチュラルエルゴノミック4000。キートップがもはやツルッツルになってもた。
初代はレーザー刻印だったが、ブラックボディの4000は印字シールになってしまい、寿命が短いのはしかたのない事なのだろう。

はて次はどうしようかとここ1年、バックライト付きで良さ気なキーボードを何の気なしに探していた。
しかしバックライト付きはゲーミングキーボードが多く、普段使いするにはゴツかったりうるさかったり(嫌いではないが)と納得できるモノが無かった。

そんな中、4GamerでLogicoolのG810の日本版がでるという記事を先日見つけ、これは良さそう!と予約注文。

ポイントも溜まっていたので実質14,000円程度でゲット。
発売日1日前にフライング配達されたので、早速接続してみた。
g810pac01.jpg

定価では税込み22,410円と中々高価。ポイントが無かったら自分は買ってないかも知れない。
パッケージは高価なモノに見合う感じで中箱まで用意されていた。
とは言え内容物は本体と紙3枚だけ。
g810pac02.jpg

まずは素のまま、Windowsへ接続。
標準のキーボードとして認識され、バックライトはデフォルトの空色で光った。
部屋が暗いせいもあり、標準でバックライトは結構眩しく感じた。
g810pac03.jpg
バックライト制御キーはON/OFFの切り替えだけで、輝度の調節はない。
(↓後の専用ソフトでカラーカスタマイズ後。こんくらいが丁度良い。)
g810pac04.jpg

では専用ドライバーというかゲーミングソフトウェアをインストールする。
当方Windows10也しも、ちゃんと用意されていた。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/810-orion-spectrum-rgb-gaming-keyboard
インストールが終わると再起動を促される。

再起動すると…。
いきなりのカラーウェーブ。
派手だぜ、カッコいいぜ。見辛いぜ。

ゲーミングソフトウェアを起動すると、プロファイル毎にカスタマイズが出来るようになる。
g810gsw01.jpg

と、早速ファームウェアのアップデートが通知された。
USBを抜き差しするとアップデート処理が始まる。

ではまず派手なバックライトの設定。
設定方法はフリースタイル、ゾーン、文字飾り、の3種類。
フリースタイルは、個別キー毎に色のカスタマイズが可能。
g810gsw05.jpg

ゾーンは、汎用性のあるキーグループ(照明ゾーン)が用意されているので、そのゾーン毎に一括で色をカスタマイズできる。
g810gsw04.jpg

文字飾りは、全キー一括の固定色のほか、時間経過や押下キーと共に色が変化するアニメーション効果の色がカスタマイズできる。
g810gsw03.jpg

ゲーミングだけあって、インストールされているゲーム用に見やすい色配列もダウンロードされたり。
g810gsw08.jpg

このソフトは「明るさ調整をする」という概念はなく、あくまで「色」をカスタマイズする事になる。
例えばカラーカスタマイズ後に全体的に明るく(暗く)したいにゃあ、という事は出来ず、それぞれ「色」を設定し直すしかない。

せめて設定したキー色からのスポイト機能は欲しかった。
一応、カスタム色スロット(パレット?)が6つあるので、オリジナルの色は6色までストックしてはおける。

あとはスクリーンセーバーのように、一定時間放置したら消すとかカラーウェーブになるとか、そういうのもあると楽しかったかも。

色以外では、ファンクションキーのカスタマイズ。
g810gsw02.jpg
これもゲームなどのプロファイル毎に変更可能。
実務でも使いドコロがありそうで、なさそうな。(実務の場合はエディタにマクロがあるしなあ)
シフトやコントロールとの組み合わせ出来ず、F1~12 直押しのみカスタマイズ可能。

ゲームモードキーの設定。
g810gsw06.jpg
これをONにしておくとWindowsキーとアプリケーションキーの2つが無効になる。
その他にも無効にしたいキーを設定可能。
Windowsキー無効は実務でも結構役に立つ。
ただ、アプリケーションキーはたまに使うので、これら2つも有効/無効が設定できたら良かったのに。

入力分析。
g810gsw07.jpg
これを記録状態にして、色々コードを書く(というか、本来ならゲームをする)。
すると、どのキーが頻繁に押されるとか分析される。
分析結果に応じてキーが着色されるので、そういうカラーカスタマイズ方法なのかね?謎。

他にはゲーミングソフトウェア全体の設定ダイアログがある。
g810gsws01.jpg
Arx Control ってのでスマホなどの端末から制御もできるみたい。
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/articles/arx-control


最後は物理的な感想。

ROMER-Gは初体験。
キータッチは軽めで音も静か。
フォルムとスコスコ感が X68k Compact を思い出させるわい。
バックライトもキートップだけが光るので他のを買わずにいて良かった。

メディアコントロールキーが充実しているのもイイ。
ボリュームはアンプのモノに手を伸ばしていたが、これからはよく使いそう。

電卓キーも欲しかったけど、ゲーミングキーボードなので仕方ない。

全体的に満足度は高い。(安く買えたという事もあるが)
ハードウェア的には不満なし100点。
設定ソフトウェア(ゲーミングソフトウェア)は少し痒いところに手が届いていないけど、やりたい事は大体出来るので80点。
ソフトウェアのマニュアルは必要なところが判り難くて40点。(無関係な製品の説明と一緒で判り難く、“正しいキー入力の姿勢”とか要らない内容もあり)
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link