2016-04-25(Mon)

まいと~く から HylaFax に乗り換えてみるの巻

Windows10にして困りそうな事を各所の人柱様の体験を元に書きだしてみた。
自分が使用しているおよそのソフトウェアは動作しそうだが、「まいと~くFAX9 HOME」がどうやらダメっぽい。インストールからNGで、無理矢理完了させた人でも動作段階になってNGだったらしい。

公式ページでもNGというアナウンスはされているので仕方ないことなのだが、なんとHOME版はWindows8.1までのサポートで開発終了。Windows10以降で動作させたい場合はPro版を購入しなければならないという。

FAXは月に1回の送信にしか使わない自分としては、高機能なPro版はまったくもって不要。
どうしたものかとトイレでしゃがむ。…と、Linuxに無料な良いソフトがあるんじゃね?神の声。

検索すると HylaFax というその世界では有名らしい良ソフトウェアがあっさり見つかった。
それでは HylaFax に乗り換えようではないか!

まずは、まいと~くFAX9 HOME と同時に購入したUSB FAXモデム、マイクロリサーチ社の「MD30U」が ubuntu で動作可能かテストしてみる。 ちなみに MD30U はピーガー音が出ないので、通信中か否かはLEDの点滅を見て判断するのがデメリット(静かなのがメリット?)だけど、とにかく安かったのでチョイスした記憶がある。
MD30U.jpg

MD30U FAXモデムを挿す前後でUSBの状態を調べてみる。

$ lsusb
Bus 002 Device 004: ID 152d:0539 JMicron Technology Corp. / JMicron USA Technology Corp. JMS539 SuperSpeed SATA II 3.0G Bridge
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 1c4f:0027 SiGma Micro
Bus 001 Device 002: ID 13d3:3410 IMC Networks
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ ls -la /dev/tty*
crw-rw-rw- 1 root tty 5, 0 1月 6 14:20 /dev/tty
crw--w---- 1 root tty 4, 0 12月 19 23:16 /dev/tty0

crw-rw---- 1 root dialout 4, 64 12月 19 23:16 /dev/ttyS0
crw-rw---- 1 root dialout 4, 65 12月 19 23:16 /dev/ttyS1

crw------- 1 root root 5, 3 12月 19 23:16 /dev/ttyprintk


<MD30U を挿した後>

$ lsusb
Bus 002 Device 004: ID 152d:0539 JMicron Technology Corp. / JMicron USA Technology Corp. JMS539 SuperSpeed SATA II 3.0G Bridge
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 1c4f:0027 SiGma Micro
Bus 001 Device 006: ID 0572:1321 Conexant Systems (Rockwell), Inc. ←※追加された
Bus 001 Device 002: ID 13d3:3410 IMC Networks
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
$ ls -la /dev/tty*
crw-rw-rw- 1 root tty 5, 0 1月 6 14:20 /dev/tty
crw--w---- 1 root tty 4, 0 12月 19 23:16 /dev/tty0

crw-rw---- 1 root dialout 166, 0 1月 6 14:27 /dev/ttyACM0 ←※追加された
crw-rw---- 1 root dialout 4, 64 12月 19 23:16 /dev/ttyS0
crw-rw---- 1 root dialout 4, 65 12月 19 23:16 /dev/ttyS1

crw------- 1 root root 5, 3 12月 19 23:16 /dev/ttyprintk

/dev/ttyACM0 が FAXモデムのようだ。
認識はした模様。

次に通信を試してみる。
シリアル通信ソフトの cu をインストール

$ sudo apt-get install cu


使い方例:$cu -s 38400 -l /dev/cu.usbserial-A4004QiO
s : 通信速度
l : デバイス
終了方法『 ~. 』と入力。

どれ

$ cu -l /dev/ttyACM0
cu: open (/dev/ttyACM0): Permission denied
cu: /dev/ttyACM0: Line in use

ユーザーが許可されていない。

ユーザーを vigr で dialout に入れてやる。
vigr コマンドでグループを編集する

$ export EDITOR=nano
$ sudo vigr
~~~~~~~~
  dialout:x:20: ←この行に、
  dialout:x:20:root,oreore ←rootと自分を書き加えてやって保存

一旦ログアウト。再ログイン。
どうかな

$ cu -l /dev/ttyACM0
Connected.
ATI0
56000

OK
ATI1
OK
ATI2
OK
ATI3
CX93001-EIS_V0.2002-V92

OK
~.

Disconnected.

ATIコマンドは通ったみたい。
次回は HylaFax をインストールして、WindowsからFAX送信してみよう。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link