2009-06-04(Thu)

アテンザのポジションランプ交換

初代23S。走行約65000km。思えばだいぶ走ったなあ。
そんな中、ノーマルのポジションランプが片方切れている事に気づいた。

諸兄に倣って、切れにくい&車検も通る(という噂)の、大日向 OH-390 LED広角ウエッジ ホワイトを注文。
届きました。
atenza_poslump00.jpg
ネット通販で1900円、送料 650円、合計で 2550円だった。
ちなみに定価は3885円、量販店で大体3400円くらいかな。

早速交換。
atenza_poslump01.jpg
ライト裏のカバーを外す。

atenza_poslump02.jpg
カバーはフックの部分を押し下げながら後ろ側()へ開くようにすれば外れる。
フックは少ししか顔を出していないけど、ドライバーやペンチなどで端を押し下げれば楽に外せる。

atenza_poslump03.jpg
開いた。
車体左側(エアクリーナー側)は狭い。

atenza_poslump04.jpg
エアクリーナー自体が少し動くので、エアクリーナを押しながらカバーを取り出す。

atenza_poslump05.jpg
車体右側(ウォッシャータンク側)は広いので楽勝。

カバーを外したらポジションランプのソケットを抜く。
挿しこんである状態のソケットは見えにくいってかほとんど見えないけど大丈夫。
ヘッドライトを見つつ位置を確認し、手を突っ込んで触ればすぐに判る。

単に挿しこんであるだけなので、そのまま後ろへ引き抜く。
(径の大きいポジションランプを付けると、この時にレンズの中に落として来ちゃうんだね)

両方ともソケットを引きだしたらランプを交換。
atenza_poslump07.jpg
LEDは極性があるから、点けてみて点灯しなければ逆。別に壊れない。
ちなみにこのランプには何の意味か穴があった。目印かな?
ソケットを右が赤、左に黒いコードがくるように見た場合、この穴が手前に来るよう挿すのが正解だった。
でも念のためライトを点けてちゃんと点灯するか確認するのが吉。

あとは逆の手順で元に戻して完了。
atenza_poslump06.jpg
カバーは下側が2つのツメ、上が最初に外したフックで固定されマス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link