2012-05-31(Thu)

Windows7 SATAモードをAHCIにしてHDDをホットスワップ

沢山ある裸のHDDへのバックアップを簡単にするため、eSATA接続することを考えた。

今なら高速汎用性のあるUSB3.0かもしれないけど、対応機器を持っていないし、折角SATAポートが余っているんだし。

しかし、ホットスワップするにはSATAモードをAHCIにしないといけないとの事。
えーIDEのままWindows7をインストールしちったよー。

インストール時にAHCIにしておくのが通例のようだけど、ラッキーな事にWindows7(Vista以降)はインストール後でも簡単にAHCIに変更出来るらしい。よしやってみよう。

P5Qマザー、SATAのコントローラはICH10RとSiliconImage、ICH10RはAHCIに対応しているので問題はない様子。
やり方はmicrosoftのサイトにあった http://support.microsoft.com/kb/922976/ja
また、AHCIで検索すると沢山の記事があり、戸惑うこと無く設定できた。有難や有り難や。

<手順の整理>
・regedit から HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci を開く
・Start の値を 0 にして再起動
・BIOS から SATAモードを AHCIに変更してSAVE&EXIT
・Windows7起動後に自動でドライバがインストールされる
ahci.jpg
赤いけど警告じゃないよ。たまたまランボルギーニが壁紙だったんだよ。

・インストール後、メッセージに従って再起動
以降AHCIモードになり、SATAのHDDがホットスワップ出来るようになった。

うちの環境では、取り外しは他の機器と同様、タスクバーのデバイスアイコンから行うが、「安全に取り外しができます」ポップアップの後、10秒くらいしてから例のデバイス取り外し音がした。
再度接続する際は、取り外し音の後もう10秒後くらいに接続しないと認識しない感じ。

それでも接続が楽になるだけでバックアップという億劫な作業が大分楽になった(^-^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

nakami

Author:nakami
可愛いテンプレートに似合う俺
うそAチームのスミス大佐

NAVI
カテゴリー
最近の記事
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
sponsored link